東京スポーツ2歳ステークスについて少しだけ🌟

このレースが行われる東京芝1800mはスタートしてすぐに斜めに横切り、向正面の直線に合流する特殊なコースになってます。
その間の距離も150mと短いため、内枠の馬が有利になりやすい傾向があります。

そしてこの”東京スポーツ杯2歳S”も、とにかく1枠の馬が活躍中!

過去5年の枠順成績を見ても…

1枠(4-0-0-2)
2枠(0-1-0-8)
3枠(0-0-2-7)
4枠(0-0-0-10)
5枠(0-1-0-9)
6枠(0-0-2-8)
7枠(1-0-1-8)
8枠(0-3-0-7)


この通り、1枠の馬が4勝して!
単勝回収値331円、複勝回収値121円と期待値も高いです!
(7枠から一度勝ち馬が出ていますが、この時は馬場状態が不良で行われたときでした。)
去年は1枠の馬で1、2着決まっていて、それほど枠の有利不利が出やすいコースとも言えますね。

今年の同コースの枠順成績を見ても…

1枠(7-1-5-63)勝率9%
2枠(10-7-6-56)勝率12%
3枠(11-5-4-64)勝率13%
4枠(2-9-5-70)勝率2%
5枠(5-6-6-75)勝率5%
6枠(3-10-10-75)勝率3%
7枠(7-4-7-89)勝率6%
8枠(7-10-9-87)勝率6%

勝率は圧倒的に1~3枠が良いです⤴

ただ…
今開催(10月~)は外枠有利のバイアスも発生していたこともあってか、外枠の成績が良いんですよね。。
こればっかりは前日当日の傾向もしっかり見ていた方がよさそう(>_<)💦

けど今週からはⅭコースに変わります。

これも東京スポーツ杯2歳Sの1枠好走の理由に繋がってるのかもしれないですね!
なので本来有利な内枠に人気薄の馬が入れば狙ってみてもおもしろいかもしれません(^^)

このレースの勝ち馬は、その後、皐月賞やダービーで好走している馬が多いので⤴

(過去5年の勝ち馬を見ると…)
14年サトノクラウン→ダービー3着
13年イスラボニータ→皐月賞1着、ダービー2着
12年コディーノ→皐月賞3着
11年ディープブリランテ→皐月賞3着、ダービー1着
10年サダムパテック→皐月賞2着

今年はどの馬が勝つのか注目の一戦でもありますね♪

コメントをどうぞ