ダイワメジャー産駒

2003年に中央競馬(JRA)でデビュー、翌2004年に皐月賞を制する。

その後、呼吸疾患の喘鳴症が重症化したことで一時不振に陥るが、手術を経てこれを克服。2006年に天皇賞(秋)とマイルチャンピオンシップを優勝、2007年に安田記念とマイルチャンピオンシップを制し、最優秀短距離馬に選出された。

≪血統≫

スクリーンショット (52)

≪戦績≫

スクリーンショット (53)

≪産駒の特徴・ポイント≫

ダイワメジャー産駒の成績(過去3年)

スクリーンショット (54)

芝・ダート共に活躍している産駒です。

牝馬の成績も全体成績と比べてそんなに劣らないです。

【厩舎別成績】

スクリーンショット (299)

【適正距離】

適正距離 評価
~1300m
1400~1600m
1700m~

ダイワメジャーが1600mで(5-3-0-2)連対率80%と活躍していたように、産駒も長距離より短距離の活躍が目立ちます。

–スポンサーリンク–

【芝】

相性の良い母父 評価
ストームバード系
ヘイロー系
リファール系
グレイソヴリン系
A
ロベルト系
キングマンボ系
C
ミスプロ系
C
ヴァイスリージェント系
C

<芝のワンポイント>

・函館・札幌の成績優秀(洋芝適正が高い!?)

・東京1400、1600mの成績優秀

・馬場状態(重・不良)の成績・期待値優秀
(ダートの成績が良いので道悪巧者の馬が多いのかも!?)

・狙い目は460キロ~

【ダート】

相性の良い母父 評価
ストームバード系
ミスプロ系
ヴァイスリージェント系
グレイソヴリン系
キングマンボ系
ロベルト系

母父ストームバード系の成績・期待値激高

<ダートのワンポイント>

・馬体重480キロ~

・ダートは1400m以下で狙い目

☆注目ポイント☆

・ダートは母父ストームバード系の成績・期待値激高

・馬主サンデーレーシングの成績・期待値優秀
 更に生産者ノーザンファームに限ると成績・期待値アップ

まとめ

ダイワメジャー産駒はダートの成績も芝と変わらず良く、特にダートは母父ストームバード系の成績・期待値が凄く高いので積極的に狙っていきたいところです。

私も今年の1月にダート1200mで父ダイワメジャー産駒の2頭でワイド万馬券を的中しました!更にそのとき13番人気で1着だったスペルオンミーは母父ストームバード系、生産者ノーザンファームと当てはまるところが多かったです^^

芝はダイワメジャー産駒も夏に開催される函館・札幌での好走が目立ちます!

函館・札幌と言えば洋芝になるので、もしかしたら洋芝適正が高いのかもしれません。

あと大外枠の成績も優秀!

今考えれば先日の函館SSで12番人気1着のソルヴェイグはこの2つが当てはまっていましたね。

あとちょっと気になるのが、ダイワメジャー産駒はクラスが上がるにつれて成績が徐々に落ちていく傾向があります。

クラス別成績(過去3年)
スクリーンショット (55)

クラス別成績を見てもらえば分かるようになぜか成績が落ちちゃうんですよね…

なので、ダイワメジャー産駒は新馬・未勝利で狙うのが無難かもしれませんね…

このように2歳戦での活躍が目立つ産駒でもあるので、ダイワメジャー産駒の2歳馬は注目です。

P.S

今後、気付いた点があればどんどん追加していこうと思います。

≪産駒:GI優勝馬≫

・カレンブラックヒル(NHKマイルカップ)

・コパノリチャード(高松宮記念)

・メジャーエンブレム(阪神JF、NHKマイルカップ)

※評価とは…

S~Dまで5段階で評価

Sにいくほど好走率、期待値が高く
Dにいくほど好走率、期待値が低い

好走率、期待値
 高⇔低
S>A>B>C>D

コメントをどうぞ