エンパイアメーカー

北米で通算8戦4勝。内G13勝、2着1回。

フロリダ・ダービー(G1・ダ・9F)を9馬身3/4差で圧勝。

孫のアメリカンファラオは米三冠馬。

現役引退後は日本とアメリカの併用で種牡馬生活を送っていましたが、現在はアメリカに戻り、ゲインズウェイ牧場で種牡馬生活を送っています。

≪血統≫

スクリーンショット (378)

この馬は父がアンブライドルドということでミスプロ系の馬になります。

≪産駒の特徴・ポイント≫

エンパイアメーカー産駒の成績(過去2年)

スクリーンショット (377)

エンパイアメーカーはアメリカ合衆国で生産された馬で、現役時代もダートで活躍していた、ということもあり、産駒も芝よりダートの成績が良いです。

ただ、ダートの成績もそんなに良いわけではないので、狙い目を絞って狙っていきたい産駒です。

基本的にダートで狙っていきたい産駒なので、エンパイアメーカー産駒はダートに絞ってまとめていきたいと思います。

【ダート:クラス別成績】

スクリーンショット (379)

クラスはそんなに気にしなくて良さそうです。

【ダート:厩舎別成績】

スクリーンショット (380)

関東馬、関西馬、そんなに差はありません。

2016年に単勝433倍の関西馬が1着にきて大穴をあけているので、関西馬の期待値がすごいことになっていますが、それを除けば期待値の差もそんなにありません。

【ダート:適正距離】

適正距離 評価
~1400m
A
1500m~1800m
B
1900m~
C

距離は~1800mまでで狙っていきたい産駒です。

特に短距離(~1400m)の成績が良いです。

–スポンサーリンク–

【ダート】

相性の良い母父 評価
フォーティナイナー系
ミスプロ系
ヴァイスリージェント系
サンデー系
ヘイロー系
ロベルト系

母父フォーティナイナー系ミスプロ系ヴァイスリージェント系をA評価にしました。

フォーティナイナー系…フォーティナイナー、エンドスウィープなど

ミスプロ系…キンググローリアス、Gulchなど

ヴァイスリージェント系…クロフネ、フレンチデピュティなど

<ダートのワンポイント>

狙い目は500キロ~

☆注目ポイント☆

距離は~1800mまでの距離で注目です。

ダートの母父はフォーティナイナー系ミスプロ系ヴァイスリージェント系に注目です。

まとめ

基本的にはダートは~1800mまでの離戦で狙っていきたい産駒です。

コースは、キレ負けするタイプなので、直線の長いコースよりかは直線の短いコースが向いていそうです。

ダートの母父はフォーティナイナー系、ミスプロ系、ヴァイスリージェント系の成績が良く、この3つに注目していきたいです。

ちなみに、2016年に単勝100倍以上の馬が2回穴をあけていますが、2頭とも母父ミスプロ系の馬でした。

あと、人気馬の信頼度も高く、好調馬のおかしな凡走があまりないタイプでもあるので、連系の軸に向いている血統と言えそうです。

≪産駒:GI優勝馬≫

※評価とは…

S~Dまで5段階で評価

Sにいくほど好走率、期待値が高く
Dにいくほど好走率、期待値が低い

好走率、期待値
 高⇔低
S>A>B>C>D

コメントをどうぞ