ゴールドアリュール

芝の名馬を輩出し続けたサンデーサイレンスが送り出したダート界の王様的存在。

デビューから6戦、芝で走るも成績に延び悩み、ダートに転戦すると軽々2連勝した。

本格的にダート路線へ乗り出してからは武豊騎手を背に本領を発揮し、ダートの戦績は、9戦7勝、内GⅠ4勝と素晴らしい成績を収めた。

≪血統≫

スクリーンショット (306)

≪戦績≫

スクリーンショット (307)

≪産駒の特徴・ポイント≫

ゴールドアリュール産駒の成績(過去3年)

スクリーンショット (305)

ゴールドアリュール産駒はとにかく芝よりダートの成績が良い産駒です。

ゴールドアリュールがダートで大活躍したように、仔もダートで活躍する馬が多いです。

基本的に芝では狙いにくく、ダートで狙いたい産駒です。

芝はダートに比べて頭数も少なく、サンプルも取りづらいので、ゴールドアリュール産駒についてはダートに絞ってまとめていきたいと思います。

【ダート:クラス別成績】

スクリーンショット (310)

新馬~重賞まで幅広く活躍している産駒です。

【ダート:厩舎別成績】

スクリーンショット (311)

関東馬より関西馬の成績が圧倒的に良いです。

【ダート:適正距離】

適正距離 評価
~1500m
1600m~

短距離より中長距離での活躍が目立ちます。

狙い目は1600m~

–スポンサーリンク–

【ダート】

相性の良い母父 評価
ヴァイスリージェント系
S
ストームバード系
S
グレイソヴリン系
A
ダンチヒ系
A
ミスプロ系
A
エーピーインディ系
A
キングマンボ系
B
フォーティナイナー系
B
ロベルト系
C
ヘイロー系
C

母父ヴァイスリージェント系ストームバード系S評価にしました。

特にヴァイスリージェント系の中でも母父フレンチデピュティの成績・期待値が超優秀です。

ヴァイスリージェント系…フレンチデピュティ、クロフネなど

ストームバード系…StormCat、タバスコキャット、Giant’sCausewayなど

グレイソヴリン系…トニービンなど

ダンチヒ系…アジュディケーティングなど

ミスプロ系…アフリート、ティンバーカントリーなど

エーピーインディ系…A.P.Indy、Pulpitなど

<ダートのワンポイント>

狙い目は500キロ~

☆注目ポイント☆

ダートは母父ヴァイスリージェント系ストームバードが狙い目です

特にヴァイスリージェント系の中でもフレンチデピュティに注目です。

関東馬よりも関西馬の成績が良いので、厩舎は関東厩舎に注目です。

まとめ

ゴールドアリュール産駒はとにかくダートで狙っていきたい産駒で、私もダートを予想するときは積極的に狙っている産駒です。

母父はヴァイスリージェント系、ストームバード系との相性が良く、特にヴァイスリージェント系の中でもフレンチデピュティの成績が良いので、この組み合わせは狙い目です。

ゴールドアリュール×フレンチデピュティの馬を見つけたときは狙っていいと思います。

あとは関東馬に比べて関西馬の成績が良いので、厩舎にも注目していきたいと思います。

≪産駒:GI優勝馬≫

エスポワールシチー(ジャパンカップダート、フェブラリーステークスなど)

スマートファルコン(帝王賞、東京大賞典など)

クリソライト(ジャパンダートダービーなど)

コパノリッキー(フェブラリーステークス、帝王賞など)

※評価とは…

S~Dまで5段階で評価

Sにいくほど好走率、期待値が高く
Dにいくほど好走率、期待値が低い

好走率、期待値
 高⇔低
S>A>B>C>D

“ゴールドアリュール産駒の特徴・狙い目ポイント” への2件のフィードバック

  1. 今回も楽しく読ませて頂きました
    種牡馬リストも随分と増えてきましたね
    まとめるのも労力がいるのに頑張ってますね
    今回もひとつ質問です。
    産駒傾向の中の脚質特性というのは産駒によって
    顕著に現れるのでしょうか?
    ディープ産駒なら差し追い込みみたいな
    それとも脚質は個体特性に影響されると思いますか?

    血統は奥がふかいですよね。亀谷さんの本を読んだりしても理解できても実戦に生かすセンスまでは至りませんね
    これからも頑張って下さいね

    1. 確かにディープ産駒だと差し追い込みの成績がよくなる傾向はあると思いますよ。

コメントをどうぞ