ハーツクライ

2005年有馬記念、2006年ドバイシーマクラシックを優勝。

日本調教馬でディープインパクトに唯一先着した競走馬である。

≪血統≫

スクリーンショット (270)

この馬は父がサンデーサイレンスということで、サンデー系の馬になります。

≪戦績≫

スクリーンショット (271)

≪産駒の特徴・ポイント≫

ハーツクライ産駒の成績(過去3年)

スクリーンショット (269)

ハーツクライ産駒は芝・ダート共に成績の良い産駒です。

ハーツクライが芝で活躍していたので、ダートではあまり馴染みがないかもしれませんが、ダートの成績も芝に劣らないくらい良いです。

芝とダートの成績と回収率を見比べてもらうと分かりますが、芝とダートの成績があまり変わらないのに対して、回収率はダートの方が圧倒的に良いです。これは先ほども触れましたが、ハーツクライが芝で活躍していたので、ダートではあまり馴染みがないことがそのままオッズに影響しているのではないでしょうか。

ダートでも活躍している産駒ということもあり、芝レースの重馬場で活躍する馬も多いです。

【クラス別成績】

スクリーンショット (272)

新馬~重賞まで幅広く活躍している産駒です。

【厩舎別成績】

スクリーンショット (295)

関東馬よりも関西馬の方が若干成績が良いです。

【適正距離】

適正距離 評価
~1600m
C
1700m~
B

ハーツクライが長距離で活躍していたように、短距離に比べて長距離の方が成績が優秀です。

ハーツクライの母父がトニービンで、スタミナを兼ね備えた血統ということもあり、長距離を苦にしない馬が多いのではないでしょうか。

–スポンサーリンク–

【芝】

相性の良い母父 評価
キングマンボ系
A
ヴァイスリージェント系
A
ロベルト系
A
ボールドルーラー系
A
ミスプロ系
B
ダンチヒ系
B
ノーザンダンサー系
B
グレイソヴリン系
D
ストームバード系
D
リファール系
D

キングマンボ系ヴァイスリージェント系ロベルト系ボールドルーラー系をA評価にしました。

その他の組み合わせも平均的に走っているのでB評価も多いのが特徴的ですが、母父グレイソヴリン系、ストームバード系、リファール系は頭数のわりに成績が悪かったので、D評価にしました。

キングマンボ系…Kingmanbo、エルコンドルパサー、キングカメハメハなど

ヴァイスリージェント系…クロフネ、フレンチデピュティなど

ロベルト系…ブライアンズタイム、シンボリクリスエスなど

ボールドルーラー系…Capote、ボストンハーバーなど

<芝のワンポイント>

狙い目は460キロ~

どのコースでも平均的に走る

【ダート】

相性の良い母父 評価
リファール系
A
ミスプロ系
A
ヌレイエフ系
B
ヴァイスリージェント系
B
ロベルト系
B

リファール系ミスプロ系をA評価にしました。

ダートでハーツクライ産駒を狙う際は母父リファール系、ミスプロ系を狙っていきたいです。

特にミスプロ系は頭数も多いので、見つけやすいと思います。

リファール系…コマンダーインチーフ、ホワイトマズルなど

ミスプロ系…アフリート、ジェイドロバリー、Miswakiなど

<ダートのワンポイント>

狙い目は480キロ~

☆注目ポイント☆

生産者ノーザンファームの成績が良く、狙い目です。

芝は母父キングマンボ系、ヴァイスリージェント系、ロベルト系、ボールドルーラー系に注目です。

ダートは母父リファール系、ミスプロ系に注目です。

まとめ

注目ポイントのところでも書きましたが、生産者ノーザンファームの成績が良いです。

【生産者ノーザンファームの成績】
スクリーンショット (293)

成績表を見てもらえば分かる通り、ダートより芝の成績が良いので、特に芝で狙い目です。

あと、ハーツクライ産駒は冒頭でも触れたようにダートの成績が良いですが、今年の成績は今のところ悪いです…

【ダートの年度別成績】
スクリーンショット (294)

年度別成績を見ると、例年に比べて成績が落ちているのが分かると思います。

ただ、ダートのところでA評価にした、母父リファール系、ミスプロ系は今年も例年の平均成績くらい走っているので、ダートでハーツクライ産駒を狙う際は、母父リファール系、ミスプロ系の馬を狙っていきたいです。

芝はどのコースでも平均的に走っているので、適正距離や相性の良い母父、生産者ノーザンファームなどのファクターを加味して、狙っていきたいと思います。

≪産駒:GI優勝馬≫

アドマイヤラクティ(コーフィールドカップ)

ジャスタウェイ(天皇賞・秋、ドバイデューティーフリー、安田記念)

ワンアンドオンリー(東京優駿)

ヌーヴォレコルト(優駿牝馬)

※評価とは…

S~Dまで5段階で評価

Sにいくほど好走率、期待値が高く
Dにいくほど好走率、期待値が低い

好走率、期待値
 高⇔低
S>A>B>C>D

コメントをどうぞ