お疲れ様です。

大変遅くなってしまいましたが、先週の天皇賞(春)の反省会をしたいと思います!

先週の天皇賞(春)は

13番人気のカレンミロティックが2着に入選しましたね。

その結果、3連複が323倍と波乱の結果になりました。

カレンミロティックの種牡馬はハーツクライ。

ハーツクライはトニービンの血が入っています。

天皇賞の予想でも公開しましたが、天皇賞は内枠とトニービンの血を持つ馬に注目していました。

ではなぜ、トニービンの血を持つカレンミロティックを軽視してしまったのかというと。。。

年齢です!

<年齢別成績>

スクリーンショット (508)
スクリーンショット (507)

※過去3年

表を見てもらうと分かる通り、7歳以上の馬の成績は6歳以下と比べるとガクッと落ちます。

高齢馬は普段からマイナス材料の対象にしているので

この1つの不安材料だけで今回は切ってしまいました。

今回に関しては内枠、トニービンとプラスの要素があったにも関わらず

1つの不安要素だけで切ってしまったのは本当に後悔。。

今年一番悔しいと言ってもいいかもしれません。。><