今回は、以下の質問をいただいたので、紹介させていただきます。

日頃、競馬が好きでよく馬券購入の参考にブログ、メルマガ、ツイッター楽しく拝見しています。
今回の京都の10Rでも的中されていましたがダートの見立てがほんとうにうまいなといつも感心しています。
なぜ、あの3頭を特に絞って買えたのでしょうか?
エンパイアメーカー産駒の馬はなんとなくですが今開催の馬場にあっていたので分かるのですが
スクリーンヒーロ産駒もまだまだデータ的には出てきたばかりでなかなか血統的な信頼度としてはなかったと思うのですが
それ以外のファクターを見て決めたのか気になります。そして何よりの疑問はリーゼントロックです。
この馬はどうして買えたのか一番気になります。1400ダートなら買うのも分かるのですがこの馬のどこに穴馬としての要素があったのですか?
内枠にもダイワメジャー産駒はいま したし、自分なら穴としてネオユニバース産駒の14とキンカメ産駒の7に重きを置いてしまいそうなのですが
そのあたりもご教授いただきたいです。
それにこのレースの一番人気の馬は決して悪い血統ではなかったと思うのですがなぜ消せたのでしょうか?
あと、よっぴーさんは1番人気が確実に走ってくるような単勝倍率2倍きるようなレースは
穴馬を見つけてもそのレースはケンしますか?

一番疑問視されている9番人気のリーゼントロックですが、狙った理由は大外枠+馬体重の要素が大きかったです。

馬体重が500キロ以上の馬がダート戦で大外枠に入ったときの成績はすごく良いです。

【大外枠+馬体重500キロ~の成績】
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-694
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-695

※上記のファクターはブログの読者様限定で公開していますので、絶対に他言無用でお願いします。

有力なファクターが世間に広がるのはデメリットの要素が大きいので、ご協力をお願いします。

このように血統以外の要素を重視して予想することも多々あります。

逆に血統が良くてもマイナス要素が多くて狙いにくくなるケースも多々あります。

個人的には大外枠+馬体重500キロ以上の馬は積極的に狙っているファクターなので、今回はリーゼントロックを相手に選びました。

>内枠にもダイワメジャー産駒はいま したし、自分なら穴としてネオユニバース産駒の14とキンカメ産駒の7に重きを置いてしまいそうなのですが

内枠にもダイワメジャー産駒はいましたが、ダートの内枠は嫌ですし、芝→ダート替わりというのも良く思わなかったので(例外あり)ノーマークにしました。

あと、一番人気は消したわけではなく、載せた画像のところに映っていなかっただけで、抑えにはいれていました。

御陵Sの全買い目はこちらです。

競馬 馬券

>あと、よっぴーさんは1番人気が確実に走ってくるような単勝倍率2倍きるようなレースは
穴馬を見つけてもそのレースはケンしますか?

単勝1倍台の馬は以前ブログの記事にして紹介しましたが、好走率がかなり高く、期待値も高いです。

1倍台の馬がいるレースで、自分の気になる馬がいた場合、条件が合えば、2頭軸にして買うこともあります。

単勝1倍台の馬についての記事はこちら

コメントをどうぞ