京都競馬場

<コース形態>

%e4%ba%ac%e9%83%bd

阪神や中山と同様に、内回り・外回り、の2本立ての構成で、この2つのコースは3コーナーで分岐し、4コーナーで合流するというレイアウトになっています。

京都競馬場の最大の特徴は、3コーナーの坂

向正面の半ばから3コーナーにかけて上り、4コーナーにかけて下るというレイアウトになっていて、この3コーナー付近を除くと、コースの起伏は直線も含めてほぼ平坦となっています。

最後の直線の長さは、外回りが403.7m、内回りが328.4m。

内回りの最後の直線距離は中央場所の中で中山に次いで短く、外回りよりコンパクトな造りとなっている内回りでは、脚質は逃げ・先行馬が有利な傾向があります。

芝:枠順成績(過去3年)

コーナー2回(1200~1800m)
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-539

コーナー4回~(2000m~)
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-544

全体的に内枠有利の傾向がありそうで、特に1、2枠の成績が良さそうです。

さらに!

1200mは極端に内枠有利な傾向が出ているので、内枠馬は要チェックです。

<1200mの枠順成績>
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-540

あと、コーナー6回の3000~3200mはサンプルは少ないですが、こちらも内枠の成績が断然良かったです。

春に京都芝3200mで行われるG1天皇賞春もかなり内枠馬の好走が目立ちますよね。

※ダートはどの競馬場でも外枠が有利になることが多いので割愛させていただきます。

–スポンサーリンク–

厩舎別成績

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-549

関西馬の成績が良いです。

遠征してきた関東馬は割り引き対象になりそうです。

芝で狙いたい種牡馬

もちろん京都芝で有力種牡馬はディープインパクト産駒です!

ただし、同産駒は京都芝では特に人気傾向にあるので、狙い目は絞って狙っていきましょう。

距離は1400mもそこそこ好走していますが、狙い目はやはり適正距離のある1600m~が良さそうです。

※詳しいディープ産駒の狙い目はディープの記事にまとめてあります。

ディープ産駒の狙い目ポイントまとめ

そのほか、短距離戦ではアドマイヤムーン産駒やスウェプトオーヴァーボード産駒など父フォーティナイナー系の成績が良いです。

あと、2015年から新種牡馬で出てきたヴィクトワールピサ産駒今のところ好走が目立っているので、適正があるかもしれません。まだサンプルも少ないので、信頼性は低いですが、ちょっと注目してみてもおもしろいかもしれません。

まとめ

京都芝コースは全体的に内枠有利な傾向がありますが、特に1200mでは極端に内枠の成績が良いので、内枠で決め打ちしてみてもおもしろそうです。

さらに、芝1200mは内回りコースになり、コース説明のところでも書きましたが、内回りは逃げ・先行馬がかなり有利な傾向にあります。

内回りコース:脚質別成績
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-572

データを見て分かる通り、内回りコースは特に逃げ馬の成績がかなり良いです!

ということは、芝1200mでは内枠の逃げ馬・先行馬を狙っていけば、さらに成績・期待値は良くなりそうです。

そのほか、短距離戦で成績の良いアドマイヤムーン産駒やスウェプトオーヴァーボード産駒が1枠に入ったとき~…なども注目してみてもいいかもしれませんね。

コメントをどうぞ